はじめてキャッシングを利用する人におすすめなのが、消費者金融会社の一覧比較サイトです

初めてキャッシングを利用する場合は、インターネット上にある消費者金融会社の一覧比較サイトを参考にして自分に合った会社を選ぶようにしてください。一覧比較サイトには業種別や金利別や限度額などで比較できるようになっています。


業種別というのは銀行系や信販系や消費者金融系といった比較のやり方です。これで比較すると、銀行系は金利が安いけれども審査が厳しくて融資まで時間がかかるとか、消費者金融系は審査が緩くて融資が早いかわりに金利が高め、などがわかります。


消費者金融会社の一覧サイトが便利なのは、ひと目で金利の違いや限度額の違いを比べることができる点です。金利の安い会社を選ぶ人にはすぐに見つけることができます。また各社によって融資の限度額が違いますから、これもひと目で見つけることができます。


サイトによっては、人気あるキャッシングのベスト3などのようなイベントも行っているところがありますので、それも参考になります。一番参考になるのは、実際に利用した人の口コミや評判です。一覧サイトを利用すればキャッシングのあらゆることがわかります。

消費者金融で借入れを一本化するには

消費者金融の総量規制が施行されてから、それまで数社からの借入れをしていた人たちは新たな借入ができず、返済だけに追われているといった弊害が発生し、総量規制の施行以後でも複数社から借入れ限度額一杯まで借りてしまっている多くの人たちがいます。

複数社からの借入れをしている人たちは多重債務者といわれ、ほとんどの場合借入金額が出来ず、返済のための借入れを他社から借りるといういわゆる自転車操業を繰り返す為に金利も徐々に増えていき、返済日が複数日になるため常に返済日や返済金額を気にして生活しなければならないという生活を余儀なくされています。

消費者金融には複数社からの借入れを一本化する「おまとめローン」「おまとめMAX」と呼ばれる多重債務者向けのサービスがあります。
サービス内容は、複数社からの借入れが有る場合それぞれに最高金利を払っていたのを一本化する事で借入れ額が高くなるので金利が下がり、返済日がまちまちで常に返済日を気にしていなくてはならなかったのが一日にまとまり、返済計画が立てやすくなるという消費者金融の商品のひとつです。

おまとめは総量規制外商品となりますので審査さえ通れば年収に関係なく利用できますが、誰でも利用できるわけではなく審査も少し厳しくなるといわれています。
またおまとめを利用すると新たな借入はできなくなるのでこれ以上借入れはしないという人にとって利用できればメリットがある商品といえますので多重債務で悩んでおられる方は一度問い合わせをしてみてはいかがでしょうか。

すぐ現金を得たいのであればキャッシングが便利

生活をしていく上で金欠となることは、多くの人が経験する事となります。お金が不足し、すぐ現金が必要としているのであれば、キャッシングを利用すると便利です。キャッシングは、個人を対象とした現金の貸し付けサービスの事を指します。


キャッシングをする際においては、消費者金融を利用する人が多いです。人気の理由としては、審査時間が短くてすぐ現金を調達する事ができる点が挙げられます。審査時間については、各消費者金融で多少の違いがありますが、早い所だと数分で済みます。


申し込みを行って審査が終了しますと、キャッシュカードが発行されます。これを利用して、ATMから現金を引き出すことが可能となります。利用できる金額については、個人個人で限度額が設けられていますので、事前に確認をしておく事が大切です。


限度額の範囲内であれば、繰り返し現金を引き出すことができます。すぐ現金が手に入る一方で、不必要なお金まで借りてしまう人が多いので、注意が必要です。自身が必要としている金額だけを借りるように、心掛ける必要があります。

店頭窓口、プロミスATMなど返済手数料無料の方法

プロミスで借入をするとその返済方法によって手数料が違う、ということをご存知でしょうか。
普通に考えるとどうしても金利にばかり注目しがちになります。
しかし、消費者金融の金利など比較したところで差があるものでもありません。
確かに金利を比較しておきたいのは当然の気持ちでしょう。
消費者金融の金利は下限はばらつきがあるものの上限は変わりないということに気が付いたのではないでしょうか。
どこでも同じように18.0%が上限となっており唯一プロミスの金利が17.8%となっています。
この0.2%がどれほどに影響をするかと言えば残念ながらそれほどのものではありません。

はっきりと言えば消費者金融の借り入れをするのであれば比較するべきは金利ではなく「それ以外のコスト」です。
プロミスにある返済方法によっては返済手数料がかかるものがあります。
返済は期間が長くなればなるほどにその返済回数も多くなるもの。
金利を比較するよりもよほどに効果的になることも少ないことではありません。

プロミスにある手数料無料の返済方法は下記になります。
・お客様サービスプラザ(店頭窓口)からの返済
・プロミスATMからの返済
・口座振替
・インターネットからの返済
・コンビニのメディア端末機からの返済

これらの返済方法であれば手数料はかかりません。
返済方法も工夫を凝らしながらカードローン審査を賢く利用していきましょう。
完済までに支払う「余計なコスト」を減らしていきましょう。

低金利なカードローンを選んで納得!

これからカードローンを作ろうとしている人は、どれだけ納得のいくカードローンを選ぶかが重要になってきます。納得と言っても、どれを納得するかは本人の自由ですし、最終的に決めるのも自分です。ですが、よく考えて選ばないと後になって後悔するのもやはり自分なのですから、余裕をもって慎重に選ぶことは大切です。

初めての人の場合は慎重に選ぶと言っても、何をどういうふうに慎重になって選べば良いのかが分からないと思いますので、そこでちょっとしたコツをお教えします。コツと言っても裏技みたいのではありません、それは本当に普通のことなのですが、金利をよく考えてカードローン選びに役立ててみれば、後で後悔するようなことは滅多にないということです。

この金利ですが、意外に重要として見ていない人も居る様です。ですが実際に金利は非常に重要なカードローン選びの鍵となります。少し金利が高くてもいいや!と甘く考えて適当に選んでいると、追加借り入れや、返済期間が長くなった場合、ダイレクトに返済額に影響を与えます。ほんのちょっとした差で、金額や期間によって、付く利息の額が大きくもなり小さくもなるのです。

もう一度言い直してみますと、ちょっと金利が高くなるだけでも、総額の返済額が多くなってしまうのです。なのでなるべく低金利であることを前提に選ぶことが重要となりますので、覚えておきましょう!あと、既にカードローンで借入していて、金利が高くて低いカードローンに変更したい場合は、借り換えローンなどを利用して、新しいカードローンに乗り換えることも可能です。